コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木暮足翁 こぐれ そくおう

1件 の用語解説(木暮足翁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木暮足翁 こぐれ-そくおう

1788-1861 江戸時代後期の医師。
天明8年生まれ。はじめ吉田芝渓(しけい)に漢学をまなび,のち華岡青洲(はなおか-せいしゅう),高野長英らに医学をまなぶ。郷里上野(こうずけ)(群馬県)で医業のかたわら私塾をひらいておしえ,幕府に開国の建白書を提出した。文久元年(一説に2年)死去。74歳。名は賢樹。字(あざな)は五十槻。別号に梅屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木暮足翁の関連キーワード炭酸塩岩脈文久サリエリ朋誠堂喜三二林元美対馬藩ブルボン朝ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone