コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曽街道 キソカイドウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木曽街道
きそかいどう

木曽路(じ)ともいう。広義には中山道(なかせんどう)の別称。狭義には中山道のうち、長野県西部の鳥居峠付近から馬籠(まごめ)峠までの間。贄川(にえかわ)から馬籠宿まで11宿。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木曽街道の関連キーワード木曽路・木曾路中山道と馬籠宿木曽路美術館上松(町)中山道馬籠峠於六櫛

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木曽街道の関連情報