コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬籠 まごめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬籠
まごめ

岐阜県南東部,中津川市の集落。かつては長野県山口村に属した。近世中山道木曾谷入口をなした宿場町。南方に松尾芭蕉の句「送られつ送りつ果は木曾の秋」と,島崎藤村の筆による「是より北木曾路」の碑がある。中央には藤村の生家跡に建てられた藤村記念堂,永昌寺,北方には馬籠峠があるなど歴史や文学ゆかりの地が多いため,観光客でにぎわう。馬籠峠を越えて妻籠までの旧中山道は自然遊歩道になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

馬籠【まごめ】

長野県南西部,木曾郡山口村(現・岐阜県中津川市)に属する旧中山道の宿場。馬籠峠からこの宿場にかけては昔の姿がよく保存されている。島崎藤村の生地として有名で,藤村記念堂がある。
→関連項目木曾街道妻籠南木曾[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まごめ【馬籠】

中山道の木曾路最南端の宿場町。現在,長野県木曾郡山口村に属する。馬籠の地名の初出は1215年(建保3)で,馬籠法明寺旧蔵の大般若経の奥書に〈美濃州遠山庄馬籠村法明寺〉とある。戦国時代になって木曾氏が勢力を伸ばし,その部将島崎氏に馬籠砦を守らせている。1601年(慶長6)宿駅に指定。1843年(天保14)の《中山道宿村大概帳》に東西3町33間,家数69軒とあり,木曾十一宿中最小規模の宿場町であった。島崎藤村は馬籠宿の旧本陣の子として生まれ,現在藤村記念館がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕馬籠(まごめ)


岐阜県中津川市東部(旧長野県山口(やまぐち)村南部)にある旧宿場町。江戸時代、中山(なかせん)道木曽(きそ)11宿の南端に位置する宿駅。石畳の道や民家など、宿場町の町並みが整備・保存され、観光客でにぎわう。旧本陣は島崎藤村(しまざきとうそん)の生家で、小説『夜明(よあ)け前(まえ)』などに描かれた。藤村記念館、松尾芭蕉(まつおばしょう)の句碑などがある。2005年(平成17)2月、旧山口村が生活圏の岐阜県側の中津川市と越県合併したが、その是非をめぐって論議をよんだ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬籠
まごめ

岐阜県中津川市東部にある一地区。長野県木曽(きそ)郡山口村に属していたが、2005年(平成17)山口村は中津川市に越県編入された。近世、中山道(なかせんどう)木曽十一宿の最南端にある宿駅として繁栄した。当時を示す民家や石畳、芭蕉(ばしょう)の「送られつ送りつ果ては木曽の秋」の句碑がある。また、島崎藤村(とうそん)の生地で、藤村の小説『夜明け前』の舞台として知られ、藤村記念館、藤村の筆になる「是(これ)より北木曽路」の碑などがある。馬籠峠を越えて妻籠(つまご)へ至るハイキングコースがある。[小林寛義]
『瀬沼茂樹著『木曽路と島崎藤村』(1972・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の馬籠の言及

【馬籠峠】より

…標高801m。中山道が通り,北麓に妻籠(つまご),南側中腹に馬籠,西麓に落合の3宿が置かれた。街道の難所の一つで,峠路の一部は石畳で舗装されている。…

【山口[村]】より

…米作,畜産,養蚕が行われ,近年は酪農や施設園芸が盛んである。南部には近世中山道の宿駅であった馬籠(まごめ)があり,往時の面影を残している。島崎藤村の出生地としても知られ,藤村記念館や島崎家の菩提寺永昌寺などがあり,訪れる観光客も多い。…

※「馬籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬籠の関連キーワードマウント・エナ・ロック・フェスティバル岐阜県中津川市馬籠島崎藤村(年譜)木曽路・木曾路島崎藤村と破戒歴史的都市景観本吉(宮城県)中山道と馬籠宿南木曾[町]菊池重三郎本吉[町]島崎 藤村妻籠・妻篭山口〈村〉宮口しづえ島崎楠雄青山半蔵津田玄仙木曽街道木曽路

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬籠の関連情報