木村庄之助(21代)(読み)きむら しょうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村庄之助(21代) きむら-しょうのすけ

1889-1970 明治-昭和時代の相撲行司。
明治22年4月1日生まれ。32年井筒(いづつ)部屋に入門。17代式守伊之助をへて昭和15年21代をつぎ,双葉山時代の土俵をつとめる。26年引退して年寄立田川となり,相撲協会理事,監事を歴任した。昭和45年11月25日死去。81歳。長野県出身。本名は竹内重門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android