コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村恒久 きむらつねひさ

百科事典マイペディアの解説

木村恒久【きむらつねひさ】

グラフィック・デザイナー。大阪府生れ。大阪市立工芸学校卒業。1960年代まではカラフルな抽象形態によるグラフィックで知られ,当時すでに日本を代表するデザイナーの一人に数えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村恒久 きむら-つねひさ

1928-2008 昭和後期-平成時代のグラフィックデザイナー。
昭和3年5月30日生まれ。35年日本デザインセンターにはいり,39年フリー。52年個展「木村恒久のビジュアル・スキャンダル原画展」で話題をよぶ。54年毎日デザイン賞。フォトモンタージュによって独自のパロディー世界をつくりだした。平成20年12月27日死去。80歳。大阪出身。大阪市立工芸学校(現大阪市立工芸高)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村恒久の関連キーワードグラフィック・デザイナーグラフィックデザイナーハートフィールド

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android