コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村長七 きむら ちょうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村長七 きむら-ちょうしち

1852-1922 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)5年5月24日生まれ。12歳で小野組糸店にはいり,米穀生糸取引にあたる。明治10年小野組の倒産後,古河市兵衛をたすけ鉱山事業に参画し,21年足尾銅山鉱業所所長。のち古河本店理事長,古河鉱業理事長などを歴任した。大正11年8月12日死去。71歳。京都出身。幼名は豊四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

木村長七

没年:大正11.8.12(1922)
生年:嘉永5.5.22(1852.7.9)
明治期の実業家。京都の商家に生まれる。12歳で小野組糸店に入り,生糸や米穀取引に従事して敏腕を発揮し,上州支店長を務めた。明治7(1874)年の小野組破綻後は,糸店支配人から独立創業した古河市兵衛の片腕となって鉱山業に従事。草倉鉱山をはじめ各鉱山の買収や監督のため東奔西走,各地を巡歴し,創業期の市兵衛の分身的役割を果たした。21年足尾銅山鉱業所長となり,足尾の開発と近代化を推進,その後,古河鉱業会社理事長に就任,大正2(1913)年引退した。市兵衛,潤吉,虎之助の3代の古河家当主の補佐役を務めた。<参考文献>茂野吉之助編『木村長七自伝』

(中村青志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

木村長七の関連キーワード5月22日明治時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android