小野組(読み)おのぐみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「小野組」の解説

小野組
おのぐみ

近世商人、明治初期の政商。近江(おうみ)国高島郡(滋賀県高島市)の出身。万治(まんじ)年間(1658~61)東北の南部地方との交易を始め、上方(かみがた)の物資を南部地方へ、逆に南部の物産を上方へ移送、酒造業や両替商も営み発展した。1708年(宝永5)京都に進出。1776年(安永5)には為替(かわせ)十人組に、1866年(慶応2)には江戸本両替となる。繰綿(くりわた)、木綿(もめん)、和糸(わいと)、生絹(すずし)などの売買を通じて三都に支店をもつまでになった。1868年(明治1)新政府より三井組、島田組とともに為替方に任ぜられ、政府の財政確立を助ける。三井組に比べて、各府県の為替方に積極的に進出した。1872年、私立銀行設立を計画、三井・小野組合銀行を経て第一国立銀行(1873)を実現させた。しかし国庫金の乱用と、製糸業、鉱山業経営に多額の資金を投入したため、明治政府の担保要件の強化にあうと経営に行き詰まり、ついに1874年末破産した。

[加藤幸三郎]

『宮本又次著『小野組の研究』全4巻(1970・大原新生社)』『久保田暁一著『異色の近江商人――小野組物語』(1994・かもがわ出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「小野組」の解説

小野組【おのぐみ】

江戸時代から明治初年の富商。屋号井筒屋,近江(おうみ)の出で各種物産の問屋として発展,京都に本拠を置き,両替商として幕府為替御用を務め江戸へも進出した。明治維新には新政府の財政確立に寄与し三井・島田両組とともに為替方御三家となり,国庫金の無利子運用で巨利を占め,第一国立銀行設立に参加,製糸事業へも進出したが,1874年政府が為替方の担保制度を強化し,官金の回収を実施したことにより窮地に立たされ,島田組とともに破産,没落。
→関連項目第一銀行[株]古河市兵衛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「小野組」の解説

小野組
おのぐみ

明治初期の政商・金融業者
江戸時代,本拠を京都に置いて,糸割符 (いとわつぷ) 商人,のち両替商として活躍。明治維新の際,新政府を援助して1868年為替方となり,官金出納事務に従事。のち三井組と第一国立銀行を設立。事業を拡大したが,'74年破産。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「小野組」の解説

おのぐみ【小野組】

江戸時代から明治初期の豪商。小野家は初代新四郎則秀が近江国高島郡大溝で,陸羽の物産と京都,大坂および近国の物産とを交易していたとされる。1662‐63年(寛文2‐3)ころ次男の主之が盛岡に下り,近江屋を称し,村井権兵衛を名乗った。の子供である盛岡紺屋町の井筒屋の小野善助(1708上洛),京都の鍵屋小野権右衛門,南部で〈紺印〉のとなった小野清助などがこれに協力した。小野一族は繰綿,木綿,古手などの雑品を南部にもたらし,砂金紅花,紫根,生糸などを上方,江戸に送って利益を得て,南部に定住し,質屋,酒・みそ・しょうゆの製造販売をした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android