木村 友衛(初代)(読み)キムラ トモエ

  • 木村 友衛(初代) (きむら ともえ)

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
浪曲師

本名
高木 民蔵

生年月日
明治33年 9月6日

出生地
神奈川県 横浜市長島町

経歴
小学校時代から浪曲好きで、11歳の時、横浜寿亭の木村重友を聴きに行き、飛び入りで一席うなった。それを耳にした重友が、その夜のうちに両親を口説いて弟子にした。師匠の一字をもらって友衛の名で3日後に初舞台。3ヶ月後には師匠の代理を務め、半年後は3軒の寄席を掛け持ちするまでに人気を得た。「天保六花撰」「塩原多助」など、得意の節回しで、これまできらわれた関東節を全国に広めた。

受賞
勲四等瑞宝章

没年月日
昭和52年 11月5日 (1977年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1900年9月6日
大正時代;昭和時代の浪曲師。日本浪曲協会会長
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android