コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村 重治 キムラ シゲハル

20世紀日本人名事典の解説

木村 重治
キムラ シゲハル

明治〜昭和期の西洋史学者 立教大学学長。



生年
明治7年5月4日(1874年)

没年
昭和42(1967)年7月18日

出生地
奈良県天理市

別名
号=鹿峯

学歴〔年〕
立教学院専修科〔明治29年〕卒,ホバート大学(米国)〔明治33年〕卒,ハーバード大学〔明治36年〕卒

学位〔年〕
M.A.〔明治36年〕

経歴
明治30年渡米、ホバート大学に学びバチェラー・オブ・アーツを得、さらにハーバート大、ケンブリッジ神学校に学んでマスター・オブ・アーツとなった。37年帰国 立教、東京高等商業学校、山口高等商業学校各教授を経て長崎高等商業学校校長となった。昭和5年立教大学経済学部教授となり、経済学部長を経て7年学長に就任、11年まで務めた。戦後極東軍事裁判弁護人、財団法人グルー基金常務理事、日米協会幹事などを歴任。「西洋史眼」「米国近世史」などの著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

木村 重治の関連キーワード赤穂浪士一覧栗林一石路木村 友斎内村鑑三農民文学中田重治中野重治村の家名号

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android