コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末延三次 すえのぶさんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末延三次
すえのぶさんじ

[生]1899.12.5. 熊本
[没]1989.7.24. 東京
法学者。東京大学法学部卒業 (1923) ,助教授を経て教授 (32) ,英米法を講じる。 1953年付属図書館館長を併任。定年退官後名誉教授。学士院会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末延三次 すえのぶ-さんじ

1899-1989 昭和時代の法学者。
明治32年12月5日生まれ。昭和7年母校東京帝大の教授となり,28年から東大図書館長を兼任。35年立大教授。専門は英米法。学士院会員。平成元年7月24日死去。89歳。熊本県出身。著作に「英米法の研究」,訳書にゲルダート「イギリス法原理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

末延三次の関連キーワードビノグラドフ(Sir Paul Gavrilovich Vinogradoff)権利章典(イギリス)法における常識マグナ・カルタ基本的人権昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android