コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末端衝撃波面 マッタンショウゲキハメン

1件 の用語解説(末端衝撃波面の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まったん‐しょうげきはめん【末端衝撃波面】

太陽から噴き出す超音速太陽風が、星間物質とその磁場の圧力によって押し返され、亜音速となる衝撃波面。太陽風の影響が及ぶヘリオポーズという境界面の内側に存在し、太陽のある側からこの波面を超えると太陽風は著しく減速する。米国の惑星探査機ボイジャー1号、2号がそれぞれ、2004年と2007年に太陽から176億キロメートル、143億キロメートルの地点で末端衝撃波面を通過したことがわかっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末端衝撃波面の関連キーワード視太陽太陽風惑星間空間吹き出す・噴き出す・吹出す・噴出すOSO太陽圏ヘリオポーズ磁気圏界面太陽からの風パーカーのモデル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone