コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末端衝撃波面 マッタンショウゲキハメン

デジタル大辞泉の解説

まったん‐しょうげきはめん【末端衝撃波面】

太陽から噴き出す超音速太陽風が、星間物質とその磁場の圧力によって押し返され、亜音速となる衝撃波面。太陽風の影響が及ぶヘリオポーズという境界面の内側に存在し、太陽のある側からこの波面を超えると太陽風は著しく減速する。米国の惑星探査機ボイジャー1号、2号がそれぞれ、2004年と2007年に太陽から176億キロメートル、143億キロメートルの地点で末端衝撃波面を通過したことがわかっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android