本多康完(読み)ほんだ やすさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多康完 ほんだ-やすさだ

1769-1806 江戸時代中期-後期の大名。
明和6年生まれ。本多忠薫(ただしげ)の長男本多康匡(やすただ)の養子となり,天明2年近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)主本多家11代。禁裏御所番。藩の騒動「御為筋(おためすじ)一件」が幕府の派遣した本多修理(しゅり)の藩政改革により五十余年ぶりにしずまった。文化3年10月8日死去。38歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本多康完の関連情報