コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多康匡 ほんだ やすただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多康匡 ほんだ-やすただ

1757-1782* 江戸時代中期の大名。
宝暦7年生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩主酒井忠寄(ただより)の子。異母兄本多康伴(やすとも)の死去により,明和8年近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩主本多家10代となる。天明元年12月20日死去。25歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多康匡の関連キーワードバーク(Edmund Burke)フェイトプラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦い三宅春楼カノーバジェファーソン

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone