コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多康穣 ほんだ やすしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多康穣 ほんだ-やすしげ

1836*-1912 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)6年12月6日生まれ。本多康禎(やすつぐ)の子。兄康融(やすあき)の養子となり,安政3年近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩主本多家14代。京都御所警固にあたる。慶応元年将軍徳川家茂(いえもち)の膳所城宿泊が中止となった事件で,勤王派藩士11人を処刑した。維新後子爵,神道管長。明治45年2月28日死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多康穣の関連キーワード神道大教

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android