コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠烈 ほんだ ただつら

1件 の用語解説(本多忠烈の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠烈 ほんだ-ただつら

1710-1723 江戸時代中期の大名。
宝永7年生まれ。本多忠直の子。兄本多忠村(ただむら)の死により,享保(きょうほう)7年大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩主本多家(定通系忠義家)5代となる。6万石の減知となり,本多家の名跡だけを維持していたが,享保8年11月27日14歳で死去し家は断絶した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多忠烈の関連キーワードサン・シモンカンプラルイ[15世]新版歌祭文阪神高速道路会社魚町商店街火災池大雅今井似閑小沢蘆庵河羨録

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone