コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠貫 ほんだ ただつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠貫 ほんだ-ただつら

1834*-1898 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)4年11月28日生まれ。出羽(でわ)新庄藩(山形県)藩主戸沢正実(まさざね)の弟。本多忠寛(ただひろ)の養子となり,安政4年伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)藩主本多家7代。文久3年山田奉行となり,神宮警衛にあたる。のち東照宮宮司(ぐうじ)などをつとめた。子爵。明治31年6月24日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多忠貫の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android