コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄藩 しんじょうはん

3件 の用語解説(新庄藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新庄藩
しんじょうはん

江戸時代,出羽国最上郡新庄地方 (山形県) を領有した藩。戸沢政盛が元和8 (1622) 年常陸 (茨城県) 松岡から6万石で入封,当初は真室にいたが,寛永1 (24) 年新庄に移り,のち新墾田を加増され6万 8200石となり,廃藩置県にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

しんじょうはん【新庄藩】

江戸時代出羽(でわ)国最上(もがみ)郡新庄(現、山形県新庄市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は明倫堂(めいりんどう)。山形県の大半を領有していた最上(もがみ)氏が1622年(元和(げんな)8)に改易(かいえき)され、常陸(ひたち)国松岡藩(水戸藩支藩)の戸沢政盛(とざわまさもり)が6万石で入封(にゅうほう)(のち6万8200石)、新庄藩が成立した。以後明治維新まで戸沢氏11代が続いた。初めは真室(まむろ)城に入ったが、25年(寛永(かんえい)2)に整備した新庄城に入った。初代政盛、2代正誠(まさのぶ)の時期に、城下町の拡張整備、新田開発、鉱山開発などが進み、新庄藩は元禄(げんろく)~正徳(しょうとく)年間(1688~1715年)に最盛期を迎えた。中・後期はたびたび冷害や飢饉に襲われ荒廃したが、嘉永(かえい)年間(1848~54)に家老吉高勘解由(よしたかかげゆ)による藩政改革が進み、藩財政は好転した。戊辰(ぼしん)戦争では新政府側についたり、それに対抗する奥羽越(おううえつ)列藩同盟に参加したりと揺れたが、最終的には新政府につき、その功で1万5000石を加増された。1871年(明治4)の廃藩置県により、新庄県を経て山形県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新庄藩
しんじょうはん

出羽国(でわのくに)最上(もがみ)郡および村山郡の一部を領有した藩。1622年(元和8)、最上氏の改易により、常陸(ひたち)松岡の戸沢政盛(まさもり)が6万石で封ぜられた(のち6万8200石)。新庄(山形県新庄市)を城下とし、戸沢氏は以後、正誠(まさのぶ)、正庸(まさつね)、正勝(まさかつ)、正(まさのぶ)、正産(まさただ)、正良(まさすけ)、正親(まさちか)、正胤(まさたね)、正令(まさのり)、正実(まさざね)と11代続き明治維新を迎えた。2代正誠は御家騒動片岡事件のあと、元禄(げんろく)期(1688~1704)に藩政の刷新を図ったが、中・後期にはたび重なる冷害・飢饉(ききん)による農村の荒廃と人口の減少が著しい。これに対して藩は天明(てんめい)年間(1781~89)に藩校明倫堂(めいりんどう)を設け、また倹約令と囲籾(かこいもみ)の制、地方改(じかたあらため)などの改革を試みているが、とくに嘉永(かえい)年間(1848~54)、家老吉高勘解由(よしたかかげゆ)による藩政改革では、禄制の改革、備籾(そなえもみ)の制、殖産政策が知られている。1871年(明治4)廃藩、新庄県を経て山形県に入る。[横山昭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新庄藩の関連キーワード最上家親出羽最上川舟唄山形県最上郡里見元勝千田玄智西田羽長坊最上藤八最上義智最上の夢

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新庄藩の関連情報