本多成重(読み)ほんだ なりしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多成重 ほんだ-なりしげ

1572-1647 江戸時代前期の武将,大名。
元亀(げんき)3年生まれ。本多重次の子。はじめ徳川家康につかえ,慶長18年越前(えちぜん)福井藩主松平忠直を補佐するため越前丸岡城主となる。忠直の改易(かいえき)ののち,寛永元年大名にとりたてられ越前丸岡藩主本多家初代となった。4万6300石。正保(しょうほ)4年6月23日死去。76歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本多成重

没年:正保4.6.23(1647.7.25)
生年:元亀3(1572)
江戸前期の大名。浜松で出生。幼名は仙千代。通称は丹下,次郎大夫,飛騨守。仕後は土菴と号す。本多作左衛門重次と鳥居伊賀守忠吉の娘の次男。妻は土岐山城守定政の娘。天正11(1583)年より徳川家康に仕え,同12年小牧・長久手の戦の講和の際,家康の次男秀康と共に人質として上京した。同13年父重次のはからいで浜松に帰り,12月8日に元服。同18年小田原の陣のとき父に代わり家康旗下で,督姫をむかえ陣営に帰る。慶長7(1602)年下総国井野3000石襲封のほか,近江国蒲生郡に2000石を加増された。同18年松平忠直に付けられ,越前国丸岡城主となり4万石を領す。大坂の陣では天王寺表で奮戦。寛永1(1624)年より徳川家光に仕えて6300石加増。正保2(1645)年5月に致仕した。

(藤實久美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本多成重の関連情報