コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本学挙要 ほんがくきょよう

1件 の用語解説(本学挙要の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本学挙要
ほんがくきょよう

江戸時代末期の国学者大国隆正の著書。2巻。安政2 (1855) 年 64歳の作。付録として『馭戎問答』がある。著者の立宗綱要ともみるべきもので,幕末人心急のおり,世界を統一すべき「もとつおしへ」として「忠孝貞」の道があることを高唱し,もって「宝祚無窮」の実を顕揚し,国威を四方に宣布することを力説したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本学挙要の関連キーワード秋元安民加藤高文大畑春国河瀬格誠古学小伝国学者野之口隆正桂誉正里井浮丘村田良穂

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone