コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本学挙要 ほんがくきょよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本学挙要
ほんがくきょよう

江戸時代末期の国学者大国隆正の著書。2巻。安政2 (1855) 年 64歳の作。付録として『馭戎問答』がある。著者の立宗綱要ともみるべきもので,幕末人心急のおり,世界を統一すべき「もとつおしへ」として「忠孝貞」の道があることを高唱し,もって「宝祚無窮」の実を顕揚し,国威を四方に宣布することを力説したもの。「本学」とは『古事記』序文にある「本教」の旨を学び知る学術の意で,隆正の造語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

本学挙要の関連キーワード野之口隆正

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android