コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本学挙要 ほんがくきょよう

1件 の用語解説(本学挙要の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本学挙要
ほんがくきょよう

江戸時代末期の国学者大国隆正の著書。2巻。安政2 (1855) 年 64歳の作。付録として『馭戎問答』がある。著者の立宗綱要ともみるべきもので,幕末人心急のおり,世界を統一すべき「もとつおしへ」として「忠孝貞」の道があることを高唱し,もって「宝祚無窮」の実を顕揚し,国威を四方に宣布することを力説したもの。「本学」とは『古事記』序文にある「本教」の旨を学び知る学術の意で,隆正の造語。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone