コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本居春村 もとおり はるむら

世界大百科事典 第2版の解説

もとおりはるむら【本居春村】

1767‐1836(明和4‐天保7)
本居宣長の次男。幼名恭次郎。1784年(天明4)津の京口町で代々薬問屋を営む豪商小西政盈の養子となり,6代目を継ぐ。養子後も兄春庭(はるにわ)の失明に際し,治療や鍼(はり)修業に付き添うなどよくその世話をする一方,父宣長に対しても物心両面にわたって援助を惜しまず,自身も学問に関心が深かった。《本居宣長翁書簡集》(奥山宇七編)には春村宛宣長書簡が114通収められている。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本居春村の関連キーワード小西春村

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android