コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本居春村 もとおり はるむら

世界大百科事典 第2版の解説

もとおりはるむら【本居春村】

1767‐1836(明和4‐天保7)
本居宣長の次男。幼名恭次郎。1784年(天明4)津の京口町で代々薬問屋を営む豪商小西政盈の養子となり,6代目を継ぐ。養子後も兄春庭(はるにわ)の失明に際し,治療や鍼(はり)修業に付き添うなどよくその世話をする一方,父宣長に対しても物心両面にわたって援助を惜しまず,自身も学問に関心が深かった。《本居宣長翁書簡集》(奥山宇七編)には春村宛宣長書簡が114通収められている。【南 啓治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

本居春村の関連キーワード小西春村

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android