コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本教外篇 ほんきょうがいへん

世界大百科事典 第2版の解説

ほんきょうがいへん【本教外篇】

平田篤胤の神道書。別名《本教自鞭策(じべんさく)》。2巻。1806年(文化3)成立。巻頭に〈未だ他見を許さず〉と記され,公刊されなかった著述。漢名を利瑪竇(りまとう)と名のったマテオリッチの《畸人十編》その他,漢訳されたキリスト教文献の読書ノートである。篤胤はここから得たカトリックの教義を換骨奪胎し,自己の神道的世界観に取り入れた幽冥信仰と来世観とを結合して体系化している。【野口 武彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone