コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本教外篇 ほんきょうがいへん

1件 の用語解説(本教外篇の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほんきょうがいへん【本教外篇】

平田篤胤の神道書。別名《本教自鞭策(じべんさく)》。2巻。1806年(文化3)成立。巻頭に〈未だ他見を許さず〉と記され,公刊されなかった著述。漢名を利瑪竇(りまとう)と名のったマテオリッチの《畸人十編》その他,漢訳されたキリスト教文献の読書ノートである。篤胤はここから得たカトリックの教義を換骨奪胎し,自己の神道的世界観に取り入れた幽冥信仰と来世観とを結合して体系化している。【野口 武彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本教外篇の関連キーワード平田銕胤覚巌佐草文清伊勢神道元元集古史伝復古神道常世長胤南里有鄰碧川好尚

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone