コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本来無一物 ホンライムイチモツ

デジタル大辞泉の解説

ほんらい‐むいちもつ【本来無一物】

仏語。事物はすべて本来空(くう)であるから、執着すべきものは何一つないということ。禅宗でいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんらいむいちもつ【本来無一物】

〘仏〙 万物は実体ではなく、空にすぎないのだから、執着すべき対象は何一つないということ。 〔禅宗で用いる語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の本来無一物の言及

【題壁詩】より

…唐代詩人にも〈壁に題す〉と題がつけられているものが数多くあるが,すべて〈題壁詩〉である。初唐の人である慧能(えのう)(南宗禅の始祖)が,〈本来無一物〉の句を含む悟境を示す詩を題壁して,五祖弘忍(ぐにん)に認められ,ついに六祖の衣鉢を与えられたという《六祖壇経(ろくそだんきよう)》の話はよく知られている。【鈴木 修次】。…

※「本来無一物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本来無一物の関連キーワード此れ・是・之・惟卒都婆小町題壁詩仏語行脚万物

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本来無一物の関連情報