コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本松斎一得(2代) ほんしょうさい いっとく

1件 の用語解説(本松斎一得(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本松斎一得(2代) ほんしょうさい-いっとく

1784-1854 江戸時代後期の華道家。
天明4年生まれ。初代本松斎一得について浅草遠州流をまなび,松岳斎一景を名のる。文政2年一得をつぎ,2代となる。幕臣だったが,隠居して華道に専念,11代将軍徳川家斉(いえなり)の前でしばしば花をいけた。嘉永(かえい)7年6月14日死去。71歳。江戸出身。姓は佐藤。通称は文次郎。別号に浄鑑。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本松斎一得(2代)の関連キーワード一瓢庵関里(6代)一瓢庵関里(7代)春秋軒一葉(3代)松養斎一伯(初代)松養斎一伯(4代)貞松斎一馬(2代)美笑軒知昔藤野三楽水谷逸雅水谷有雅

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone