コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレンジ自由国 オレンジジユウコク

3件 の用語解説(オレンジ自由国の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オレンジ‐じゆうこく〔‐ジイウコク〕【オレンジ自由国】

Orange Free State》1854年、ボーア人南アフリカ北東部、オレンジ川上流に建てた国。首都ブルームフォンティーン。ダイヤモンド鉱の発見後、英国の圧迫を受け、南ア戦争の結果、英国に編入、1910年の南アフリカ連邦の成立後はその一州となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

オレンジじゆうこく【オレンジ自由国 Orange Free State】

1854年,ボーア人が現在の南アフリカ共和国内に建てた国。1814年のイギリスケープ植民地支配に反対したボーア人は,36年A.H.ポトヒーターに率いられ,北方への移動を開始し(グレート・トレック),途中ヌデベレ族と戦いながら,バール川オレンジ川の北方に定着した。当時イギリスは財政的負担のかかる植民地外の支配をあきらめ,54年ブルームフォンテーン協定によって,ボーア人の自治国オレンジ自由国の建国を許した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オレンジじゆうこく【オレンジ自由国】

1854年ボーア人が南アフリカのオレンジ(Orange)川上流の北に建てた国。首都ブルームフォンテーン。ダイヤモンド鉱が発見されると、イギリスが侵略したため南アフリカ戦争が起こり、1902年敗れてトランスバール共和国とともにイギリスに併合されたが、10年、南アフリカ連邦成立の際に、その一州になる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

オレンジ自由国の関連キーワードオレンジフリーライター龍太郎海上運賃村田優一桜田通軍事化核不拡散条約核拡散防止条約NPT

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone