コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティチング ティチング Titsingh, Izaak

4件 の用語解説(ティチングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティチング
ティチング
Titsingh, Izaak

[生]1745.1頃.アムステルダム
[没]1812.2.9. パリ
オランダの外科医,長崎出島のオランダ商館長,遣清特使。医学を修め,東インド会社に入り,1768年バタビアに赴任。 79~80,81~83,84年と長崎出島の商館長 (カピタン) をつとめ,その間2度江戸に参府した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ティチング

長崎出島のオランダ商館長(1779年―1780年,1781年―1783年,1784年)。のちベンガル商館長,遣清使節に任じられた。1761年オランダ東インド会社に入社,1779年に来日。
→関連項目朽木昌綱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

ティチング

没年:1812.2.2(1812.2.2)
生年:1745.1.10
江戸中期の長崎出島オランダ商館長。オランダ最初の日本学者。アムステルダムの医者の家系に生まれ,外科医となる。ライデン大学で法学博士号を得た。1765年にオランダ東インド会社の下級商務員としてバタビアに出発,73年バタビアの穀物倉庫支配人。商館長として3度来日(滞在期間は1779.8.15~1780.11.6,1781.8.12~1783.11.6,1784.8.18~1784.11.26)。この間2度江戸参府を行い,安永9(1780)年3月1日と天明2(1782)年3月1日に将軍徳川家治に謁見した。日蘭貿易改善のために調査する一方,蘭癖大名(福知山藩主朽木昌綱,薩摩藩主島津重豪,平戸藩主松浦静山),長崎奉行久世広民,長崎町年寄後藤惣左衛門,典薬大允荻野元凱,蘭学者の桂川甫周,中川淳庵らとの親交を通じて,広範な日本研究資料を収集。通詞(吉雄幸作,本木良永,堀門十郎ら)の協力を得て資料の正確な翻訳に努め,帰国後の著作に備えた。バタビア帰着後,東インド会社ベンガル長官として商館を再興中(1785~92)も朽木や通詞との文通を維持し,清国乾隆帝への東インド会社派遣使節に随行中(1795~96)も日本研究を続けた。フランス革命による政治的経済的混乱のなか1796年ロンドンにたどり着き,厭世的な学究としてパリに死す。遺著の『日本風俗図誌』はロンドンで10年後に刊行され,その一部は『日本王代一覧』として天保5(1834)年に翻訳された。<著作>沼田次郎訳『ティチング日本風俗図誌』

(松田清)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ティチング【Isaac Titsingh】

1744‐1812
江戸後期に来日したオランダ人。1761年オランダ東インド会社に入社。79年(安永8)出島のオランダ商館長となり来日。84年まで1年交替で3度来日,80,82年の2回江戸参府。インドのベンガルのチンシュラの商館長,会社の理事,遣清大使(1794)を務めた。95年帰国。パリで客死。朽木昌綱,中川淳庵,吉雄耕牛らと親交があり,彼の日本研究のうち《日本風俗図誌》が《新異国叢書》に収録されている。【片桐 一男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ティチングの関連キーワードオランダ商館オランダ屋敷オランダ下りオランダ商館日記長崎県長崎市出島町アルマンスティツィング名村三太夫フィッセルヘンミ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone