本読(読み)ほんよみ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 本をむこと。特に書物を好んでよく読む人。読書家。
洒落本・青楼快談玉野語言(1822)二「あそこここ本よみをしやした」
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉中「大学と云ふ所には大した書物読(ホンヨミ)が沢山飼ってあると云ふが」
② 芝居で、上演脚本が決定し稽古を始める前に、作者または演出者が出演者や関係者を集め、脚本を読み聞かせること。また、稽古の最初に、出演俳優が脚本をせりふのような調子で読み合うこと。
※浮世草子・当世芝居気質(1777)四「あほらしい狂言じゃ。是をおめおめとよう本読がしられた事じゃ」
③ 転じて、筋書きをつくること。計画をたててその打合せをすること。下相談。
※洒落本・仕懸文庫(1791)二「てめへもおつう本よみをしたな狂言がおさまったとみへるぜへ」
④ 台詞(せりふ)のやりとり。
※洒落本・御膳手打翁曾我(1796か)「さぞとなりの本よみはおもしろからふと屏風ごしに聞ば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android