コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札割れ フダワレ

デジタル大辞泉の解説

ふだ‐われ【札割れ】

入札で、応募が少ないなどの理由で応札額が予定した入札額に達しないこと。特に、日本銀行が金融調節のための公開市場操作を実施する際に、金融機関からの申し込み金額が、日本銀行の入札予定額に達しないこと。また、国債を発行しても引き受け手がなくて売れ残ることにもいう。
[補説]日本銀行の買いオペレーションで札割れが生じた場合は、金融機関に十分な資金があることを表す。平成13年(2001)から始まった量的緩和政策によって頻繁にオペの札割れが生じた。また、平成21年(2009)、その前年から続く世界的不況を背景に、日本銀行や日本政策投資銀行コマーシャルペーパー(CP)の買い取りを始めたが、市場金利の低下によって一時CP買い取りの札割れが生じた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふだわれ【札割れ】

日本銀行が行う公開市場操作の買いオペレーションにおいて、金融機関から申し込みのあった金額が供給予定額(入札予定額)に達しないこと。金融機関に十分な資金があることを示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

札割れの関連情報