コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウケラ

デジタル大辞泉の解説

うけら【×朮】

植物オケラの古名。
「恋しけば袖も振らむを武蔵野の―が花の色に出(づ)なゆめ」〈・三三七六〉

おけら〔をけら〕【×朮】

キク科の多年草。山地の乾いた所に自生し、高さ30~60センチ。茎は堅く、葉も楕円形で堅く、縁にとげ状の細かい切れ込みがある。夏から秋、白色または紅色の小花が頭状に集まった花をつける。若い苗を食用に、また乾かした根茎を漢方で白朮(びゃくじゅつ)といい薬用にする。えやみぐさ。うけら。 花=夏》

じゅつ【×朮】

キク科のオケラなどの根茎を乾燥したもの。漢方で健胃・利尿・鎮痛などに用いる。白朮(びゃくじゅつ)・蒼朮(そうじゅつ)がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じゅつ【朮】

蒼朮(そうじゅつ)白朮(びゃくじゅつ)

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うけら【朮】

植物オケラの古名。 「恋しけば袖も振らむを武蔵野の-が花の色に出なゆめ/万葉集 3376

おけら【朮】

キク科の多年草。山野の乾燥地に自生。高さ50センチメートル 内外。葉は互生し、縁には剛毛がありかたい。秋、淡紫色または白色の鐘形の頭状花をつける。若苗を食用にする。根茎を干したものを蒼朮そうじゆつ・白朮びやくじゆつといって、利尿・健胃薬とし、正月の屠蘇とそにも入れる。邪気をはらう力があるとされた。ウケラ。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朮の関連情報