コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウケラ

デジタル大辞泉の解説

うけら【×朮】

植物オケラ古名
「恋しけば袖も振らむを武蔵野の―が花の色に出(づ)なゆめ」〈・三三七六〉

おけら〔をけら〕【×朮】

キク科の多年草。山地の乾いた所に自生し、高さ30~60センチ。茎は堅く、葉も楕円形で堅く、縁にとげ状の細かい切れ込みがある。夏から秋、白色または紅色の小花が頭状に集まった花をつける。若い苗を食用に、また乾かした根茎漢方白朮(びゃくじゅつ)といい薬用にする。えやみぐさ。うけら。 花=夏》

じゅつ【×朮】

キク科のオケラなどの根茎を乾燥したもの。漢方で健胃利尿鎮痛などに用いる。白朮(びゃくじゅつ)・蒼朮(そうじゅつ)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じゅつ【朮】

蒼朮(そうじゅつ)白朮(びゃくじゅつ)

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うけら【朮】

植物オケラの古名。 「恋しけば袖も振らむを武蔵野の-が花の色に出なゆめ/万葉集 3376

おけら【朮】

キク科の多年草。山野の乾燥地に自生。高さ50センチメートル 内外。葉は互生し、縁には剛毛がありかたい。秋、淡紫色または白色の鐘形の頭状花をつける。若苗を食用にする。根茎を干したものを蒼朮そうじゆつ・白朮びやくじゆつといって、利尿・健胃薬とし、正月の屠蘇とそにも入れる。邪気をはらう力があるとされた。ウケラ。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

朮 (オケラ)

学名:Atractylodes japonica
植物。キク科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

朮の関連キーワードオケラ(キク科)桂枝加苓朮附湯削り掛けの神事ビャクジュツ宇家良我波奈清暑益気湯加味逍遙散おけら参り疎経活血湯越婢加朮湯十全大補湯桂枝人参湯ソウジュツ加藤千蔭益田金鐘相沢扇子白朮参りガジュツ八坂神社朮参り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android