コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱執信 しゅしっしん Zhū Zhí xìn

1件 の用語解説(朱執信の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅしっしん【朱執信 Zhū Zhí xìn】

1885‐1920
中国の革命家。広東省広州の人。原名は大符。1904年(光緒30)日本に留学,法政大学に学び,翌年の中国同盟会創設に参加した。《民報》誌上の革命宣伝に従事するとともに,会党工作等の武装闘争でも活躍した。辛亥革命後も中華革命党中国国民党と一貫して孫文に従い,20年,反乱軍に請われて調停に赴き,誤って殺された。訃に接した孫文が〈革命の聖人〉を失ったと悼んだことからもうかがえるように,その死は国民党にとって痛手であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朱執信の関連キーワード孫文何香凝黄興胡漢民章炳麟ブランキ廖仲愷革命家広東省白色革命家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone