コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛手/傷手 イタデ

デジタル大辞泉の解説

いた‐で【痛手/傷手】

重い傷。重傷。ふかで。「―を負う」
大きい被害や損害。大きな打撃。「台風で稲作に―をこうむった」「失恋の―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたで【痛手】

重い傷。ふかで。重傷。 「身に-を負う」
(物質的・精神的に受けた)はなはだしい打撃。 「不況で-を受ける」 「失恋の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

痛手/傷手の関連キーワードグールド(Jay Gould)肉を切らせて骨を切る傷付ける・疵付ける美しく青きドナウ死に馬に蹴られるワーニャ伯父さんバン・ビューレンペロポネソス戦争しゃちらさんぼう傷付く・疵付くボディーブロー死に馬に鞭打つアルミニウス久原房之助被る・蒙る傷・疵・瑕元和大殉教ハリントンエミネスク痛み分け

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android