コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱孝臧 しゅこうぞうZhu Xiao-zang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱孝臧
しゅこうぞう
Zhu Xiao-zang

[生]咸豊7(1857)
[没]1931
中国,清末民国初の詞人。浙江省帰安の人。原名,朱祖謀。字,古微。号,おう尹,彊村 (きょうそん) 。官は礼部侍郎にいたった。華麗な措辞で,呉文英に近い風であったが,辛亥革命以後は遺老として,清の王室を追憶する悲懐を詠んだ。古今の詞の整理に努め,宋,元の詞人百七十余人の詞を校訂し『彊村叢書』として刊行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朱孝臧の関連キーワード原名措辞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android