コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゅvermilion; Chinese red

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しゅ
vermilion; Chinese red

硫化第二水銀 HgSを主成分とする赤色系の顔料。天然には辰砂として産する。普通,硫化水素,稀酸およびアルカリに耐性があるが,硝酸塩酸との混酸で溶解する。日光には比較的安定しているが,熱には弱い。有毒。印肉用,絵具漆器,ゴムなどの着色用に使われるが,現在では高価なため使用量は減少している。中国では土器彩色,殷代には甲骨文を記した亀甲にも塗ったものがある。日本では,縄文時代の土器や骨器の彩色に使われた跡がある。古墳時代には,墳墓内部に呪術的意味や防腐剤として大量に使われた跡もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あけ【朱/×緋】

赤い色。特に、緋(ひ)。また、赤く染められたもの。
馬の毛色で、黄がかった赤。赤毛。
緋袍(あけごろも)」の略。

しゅ【朱】

黄ばんだ赤色。
黄色みを帯びた赤色の顔料。天然には辰砂(しんしゃ)として産し、成分は硫化水銀。朱肉や漆の着色、油絵の具などに用いる。
朱肉」の略。
朱墨(しゅずみ)」の略。
朱墨で歌や俳句などに点をつけたり、添削したりした書き入れ。「を請う」
しゅ(銖)

しゅ【朱】[漢字項目]

常用漢字] [音]シュ(漢) [訓]あか あけ
黄をおびた赤色。「朱唇朱筆
朱色の顔料。「朱印朱肉皆朱堆朱(ついしゅ)
[名のり]あけみ・あや
[難読]朱欒(ザボン)朱雀(すざく・すじゃく)朱鷺(とき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

朱【しゅ】

古くから使われてきた赤色顔料。主成分は赤色硫化水銀HgS。天然にシンシャとして産するが,人工的に水銀と硫黄から黒色硫化水銀をつくり,これを加熱・昇華させて得る。
→関連項目弁柄/紅殻

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅ【朱 vermilion】

赤色硫化第二水銀HgSの実用名で,水銀朱ともいう。天然には後述のようにシンシャ(辰砂)として産出するが,現在は人造朱が工業生産され,無機顔料である。酸,アルカリに不溶王水および硫化ナトリウムには可溶である。無機顔料として耐薬品性はすぐれるが,耐光性は中程度で日光に長くさらされると黒変する。密閉反応容器に水銀,硫黄,苛性アルカリを原料として入れ,水蒸気を吹き込みつつ回転させ加熱反応させると,まず黒色の硫化水銀が生成し,次いで赤色硫化第二水銀に変化するが,アルカリをカリウムにするかナトリウムにするかにより,また温度の変化によって,赤から黄までいろいろな色調のものが得られる。

しゅ【朱】

義太夫節の奏法譜。狭義には義太夫三味線の譜を指し,朱章ともいう。浄瑠璃本などに朱で記入するところから発した名称。古来,種々の記譜法があったが,現在,一般に使用されているのは鶴沢清七が1781年(天明1)に創案したのを,幕末ごろ改めたもの。三味線の勘所(かんどころ)(左手の指でおさえる場所)を速記しやすい変体仮名で表し,補助符号,略符などを併用する。一方,太夫が語る文字譜や胡麻(ごま)章は墨で記すので,墨譜(ぼくふ)とか黒朱(くろしゆ)とも呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅ【朱】

赤。また、やや黄を帯びた赤色。
赤色の顔料。辰砂しんしやとして産し、成分は硫化水銀(Ⅱ)。
を用いて作った墨。朱墨。
詩歌・文章を添削して入れた朱字。
しゆ 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しゅ
vermilion

天然には辰砂(しんしゃ)として産する。紀元前から使用されていた赤色顔料。水銀朱ともいう。硫化水銀()HgSからできているが、最近ではカドミウムレッドCd(SSe)やモリブデンレッド(クロムバーミリオン)Pb(CrMo)O4などで置き換えられ、用途は狭くなっている。したがって、バーミリオンというとこのクロムバーミリオンと混同されるので、朱とよぶほうがよい。可溶性の水銀塩に硫化ナトリウムNa2Sなどを加え、生成した黒色の沈殿HgSを、アンモニア水中で、約一昼夜攪拌(かくはん)すると朱色に変色し、目的物が得られる。日本では漆の着色にもっとも多く使用され、また、一部は朱肉、プラスチックの着色、あるいは独得の赤の色調が珍重され油絵の具に使用されている。硫化水銀カドミウム(CdHg)Sの固溶体として、色調を調節することもある。[大塚 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【赤】より

…まず中国の字典《説文(せつもん)解字》によると,赤は〈南方の色なり〉という。《淮南子(えなんじ)》天文訓は天の五星を説明して〈南方は火なり,その帝は炎帝……その獣は朱鳥〉という。仏座や墓室に見られる四神の図のうち,南方に朱雀(朱鳥)が配されるのは,それが太陽(天の火)の方角だからである。…

【絵具】より

…緑色の緑青も同じく銅の化合物で,原料は孔雀石である。赤色には朱が広く使われた。朱砂は天然に産する硫化水銀を砕いたもので,とくに良質なものを中国の産地名にちなみ辰砂(しんしや)と呼んで,そのまま顔料名ともなっている。…

【塗料】より

…顔料の種類も増えており,前3000年ころにはエジプト青(天然物を焼いて得られるケイ酸銅)が開発されている。また天然シンシャから得られる朱(硫化水銀),マラカイト(炭酸銅)も知られていた。ギリシア文明ではもっと広範囲に顔料を用いた。…

【義太夫節】より

…そうしたなかで,個人様式としての風の伝承が重視されたり,伝書類の刊行も多くなる。鶴沢清七が現行の〈朱〉(朱章)のもとになるものを創案して曲を書きとどめるようにもなる。また,18世紀末には植村文楽軒の文楽芝居が出現し,幕末には義太夫節による人形芝居興行の代表的存在となった。…

【鶴沢清七】より

…引退後3世鶴沢友次郎を襲名。現在使用されている三味線の(奏法譜)のもととなる譜を,野崎検校門弟信都(のぶいち)の《律呂三十六声麓の塵》の影響下に創案し,後世の三味線方から崇拝されている。1781年(天明1)の《儀太夫節合控張》ほか6冊が最初の朱の例である。…

※「朱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朱の関連キーワードクロムバーミリオンツーグァンキァンチューツーチン太祖(後梁)チューロンジ朱筆を入れるチュートー太祖(明)義太夫節二朱判銀黄巻赤軸二朱判金八大山人二朱判義太夫二朱金一朱銀一朱金芥子金朱丹渓

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朱の関連情報