コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱載堉 しゅさいいく Zhū Zài yù

1件 の用語解説(朱載堉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅさいいく【朱載堉 Zhū Zài yù】

中国の暦法・楽律学者。明代神宗朝(1573‐1619)の人。字は伯勤,号は句曲山人,鄭世子と称した。仁宗5世の孫,朱厚(しゆこうかん)の世子。父は嘉靖年間(1522‐66)に鄭王の爵位を授けられたが,無実の反逆罪に問われて一時爵位を削られた。のちに復爵したが,載堉はそれを怒って19年間家に閉じこもった。父の没後爵位を他に譲り,律数の学問に没頭し,《楽律全書》を著して神宗に献呈した。《楽律全書》は,神宗による雅楽復興の試みに応じたもので,《律学新説》4巻,《楽学新説》1巻,《算学新説》1巻,《律呂精義》内編10巻・外編10巻,《操縵古楽譜》1巻,《旋宮合楽譜》1巻,《郷飲詩楽譜》6巻,《六代小舞譜》1巻,《小舞郷楽譜》1巻,《二佾綴兆図》1巻,《霊星小舞譜》3巻,暦法の書3種8巻,計48巻あり,中国の音楽書の代表的なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の朱載堉の言及

【平均律】より

… 平均律の理論はヨーロッパだけの所産ではない。たとえば中国では南北朝の宋の何承天が447年ころに12平均律を算定したとされ,また,明代の人,朱載堉(しゆさいいく)も1596年に算定している。日本でも1692年に中根元圭が算定しており,一方,アラブでは現在,24平均律が実用されている。…

※「朱載堉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朱載堉の関連キーワード東海宗朝ビールーニー楽律黒月神宗神代神楽暦法郭熙太史

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朱載堉の関連情報