コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二律 じゅうにりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二律
じゅうにりつ

中国,日本の音楽用語。音楽に用いられる音を,1オクターブの音域内で 12段階とする考え方。一つ一つの律には固有の名称 (律名) があり,それらを総称して十二律ということも多い。十二律は,多くの場合,基準になる特定の音から始めて高さの順に低い律から高い律に並べて整理される。中国の各律の音高は,王朝によって異なるが,日本の場合は,壱越 (いちこつ) がほぼ洋楽のニ音に相当し,以下,順に半音ずつ高くなっていくので,律名は音名といってもさしつかえない。しかし,雅楽や声明を除けば,この 12の律名はあまり用いられず,普通は,もっと実用的な一本 (地歌箏曲・長唄・豊後系浄瑠璃などでは黄鐘〈おうしき〉イ音,義太夫節では壱越ニ音) ,二本 (変ロ音または嬰ニ音) ,三本 (ロ音またはホ音) …という名称が使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうに‐りつ〔ジフニ‐〕【十二律】

中国や日本の音楽の12の標準楽音。1オクターブ間に約半音間隔で12音が配される。基音を長さ9寸(約27センチ)の律管の音とする。中国では、黄鐘(こうしょう)を基音とし、大呂(たいりょ)・太簇(たいそう)・夾鐘(きょうしょう)・姑洗(こせん)・仲呂(ちゅうりょ)・蕤賓(すいひん)・林鐘(りんしょう)・夷則(いそく)・南呂(なんりょ)・無射(ぶえき)・応鐘(おうしょう)。日本では、壱越(いちこつ)を基音とし、断金(たんぎん)・平調(ひょうじょう)・勝絶(しょうせつ)・下無(しもむ)・双調(そうじょう)・鳧鐘(ふしょう)・黄鐘(おうしき)・鸞鏡(らんけい)・盤渉(ばんしき)・神仙(しんせん)・上無(かみむ)。十二調子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

十二律【じゅうにりつ】

中国・日本の音楽理論用語。音の定め方。1オクターブを12ので構成する。1律はほぼ半音なので,ヨーロッパ音楽の十二平均律(平均律)とだいたい同じ。中国でも日本でも高音と律名に歴史的変遷があり,また関西と関東でも呼称に差がある。
→関連項目音名標準音

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにりつ【十二律】

中国,朝鮮,日本の音楽理論用語。互いに半音の音程をもってオクターブ内に収められた12個の音律をいう。中国では古く周代から行われ,漢代以後その算定法が確立した。基準音の黄鐘(こうしよう)から三分損益法によって順に林鐘(りんしよう),太簇(たいそう∥たいそく),南呂(なんりよ),姑洗(こせん),応鐘(おうしよう),蕤賓(すいひん),大呂(たいりよ),夷則(いそく),夾鐘(きようしよう),無射(むしや∥ぶえき),仲呂(ちゆうりよ)の11音を求め,これを音高順に並べて,黄鐘,大呂,太簇,夾鐘,姑洗,仲呂,蕤賓,林鐘,夷則,南呂,無射,応鐘の12律とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうにりつ【十二律】

中国および日本の音楽理論で用いる音名。一オクターブ内に半音刻みに一二の音があるのでこの称がある。日本では古代に中国の理論を輸入したが、のちに日本独自の名称を生じ、主として雅楽・声明しようみよう・平曲・箏曲そうきよくなどで用いられている。対して三味線楽では難解な十二律名を用いず、律管の順番による俗称が通用されている。十二調子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二律
じゅうにりつ

中国、日本の伝統音楽で用いられる音名。『前漢志』や『呂氏春秋(りょししゅんじゅう)』には、4000年前黄帝の代に、伶倫(れいりん)が命を受け昆崙山(こんろんざん)の竹でつくったという。中国では黄鐘(こうしょう)を基音として大呂(たいりょ)、太簇(たいそく)、夾鐘(きょうしょう)、姑洗(こせん)、仲呂(ちゅうりょ)(すいひん)、林鐘(りんしょう)、夷則(いそく)、南呂(なんりょ)、無射(ぶえき)、応鐘(おうしょう)である。日本では735年(天平7)吉備真備(きびのまきび)がこれを『楽書要録』で伝えたのち、平安時代後期より雅楽調名に基づいて、壱越(いちこつ)、断金(たんぎん)、平調(ひょうじょう)、勝絶(しょうせつ)、下無(しもむ)、双調(そうじょう)、鳧鐘(ふしょう)、黄鐘(おうしき)、鸞鏡(らんけい)、盤渉(ばんしき)、神仙(しんせん)、上無(かみむ)の名称が決められた。基音の音高は現在D音で統一されるが、鎌倉時代には黄鐘(おうしき)=黄鐘(こうしょう)説と、壱越=黄鐘(こうしょう)説もあり、各時代に異同がある。その求め方は三分(さんぶん)損益法と称し、基音から交互に5度上の音と4度下の音を定めるもので、ピタゴラス音律と同一の原理である。元来中国では、音律の基準だけでなく、黄鐘の律管の長さ、容積、入りうるキビの重さをもって律度量衡(りつどりょうこう)の基準ともされ、また太簇を正月として各月の名称にも使われた。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

十二律の関連キーワード姑洗・沽洗夾鐘・夾鍾鳧鐘・鳬鐘断金・断吟神仙・神僊俗称平曲図竹古代楽律律呂大簇

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十二律の関連情報