コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱鶴齢 しゅかくれいZhū Hè líng

世界大百科事典 第2版の解説

しゅかくれい【朱鶴齢 Zhū Hè líng】

1606‐83
中国,明末・清初の学者,詩人。江蘇省呉江県の人。明末に県学の学生,1644年の清朝新政権成立後は出仕せず,複雑な心のうちを詩に託する一方,銭謙益に師事して杜甫詩の注釈に従事,つづいて晩唐の李商隠の人物と詩を再評価して《李義山詩集箋注》を刊行,李詩解釈学の基礎をきずいた。のち友人顧炎武の勧めにしたがって《書経》《詩経》《春秋左氏伝》など経書の考証学に転じた。【松村 昂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朱鶴齢の関連キーワードコーク(Sir Edward Coke)ボロトニコフの乱クアケルナックバリニャーノリバデネイラ徳川忠長クックにせドミトリー1世フォークスワシーリー・シュイスキー

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android