コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱鶴齢 しゅかくれい Zhū Hè líng

1件 の用語解説(朱鶴齢の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅかくれい【朱鶴齢 Zhū Hè líng】

1606‐83
中国,明末・清初の学者,詩人。江蘇省呉江県の人。明末に県学の学生,1644年の清朝新政権成立後は出仕せず,複雑な心のうちを詩に託する一方,銭謙益に師事して杜甫詩の注釈に従事,つづいて晩唐の李商隠の人物と詩を再評価して《李義山詩集箋注》を刊行,李詩解釈学の基礎をきずいた。のち友人顧炎武の勧めにしたがって《書経》《詩経》《春秋左氏伝》など経書の考証学に転じた。【松村 昂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朱鶴齢の関連キーワード王時敏汲古閣呉偉業黄宗羲顧炎武呉三桂銭謙益太虚六諭衍義肉蒲団

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone