コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱鶴齢 しゅかくれいZhū Hè líng

1件 の用語解説(朱鶴齢の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅかくれい【朱鶴齢 Zhū Hè líng】

1606‐83
中国,明末・清初の学者,詩人。江蘇省呉江県の人。明末に県学の学生,1644年の清朝新政権成立後は出仕せず,複雑な心のうちを詩に託する一方,銭謙益に師事して杜甫詩の注釈に従事,つづいて晩唐の李商隠の人物と詩を再評価して《李義山詩集箋注》を刊行,李詩解釈学の基礎をきずいた。のち友人顧炎武の勧めにしたがって《書経》《詩経》《春秋左氏伝》など経書の考証学に転じた。【松村 昂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

朱鶴齢の関連キーワード徳川忠長クックバヌアツ徳川忠長とお昌榊原康政二程全書認証保育所伏見版ミラベル宮殿リア王

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone