コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭謙益 せんけんえきQian Qian-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銭謙益
せんけんえき
Qian Qian-yi

[生]万暦10(1582)
[没]康煕3(1664)
中国,明末清初の文学者江蘇省常熟の人。字,受之。号,牧斎。万暦 38 (1610) 年進士及第,翰林院編修となり,のち札部右侍郎に進んだが,私行上の問題を告発され免官になった。明の滅亡に際し,南京の福王のもとで礼部侍郎となったが,清軍が迫ると進んで降伏し清朝に仕えた。やがて病を理由に郷里へ帰りそこで没した。文学は形式より内容を尊ぶべきであると主張して,帰有光の散文を推称し,衰退しつつあった擬古派にとどめを刺した。詩は呉偉業と並称され,また明詩のアンソロジー列朝詩集』 81巻の編もあり,当時の文壇の指導的存在であった。その変節を乾隆帝が激しく非難したことから,一切の著作を禁絶されたが,明代の作を集めた『初学集』 110巻,清代以後の作を集めた『有学集』 50巻が残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐けんえき【銭謙益】

[1582~1664]中国、明末清初の学者・詩人常熟(江蘇省)の人。字(あざな)は受之(じゅし)。号は牧斎。明・清2朝に仕えたことで批判された。明代の古文辞派などを批判し、詩のもつ気高い趣を重んじた。また詩賦に長じ、清代詩壇の基を築いた。著「初学集」「有学集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんけんえき【銭謙益 Qián Qiān yì】

1582‐1664
中国,明末・清初の学者,詩人。字は受之,号は牧斎。江蘇省常熟県の人。明の万暦38年(1610)の進士。官は礼部侍郎に進んだが,東林党に属し,しかも政府に批判的だったために不遇であった。明の滅亡後,一時南京の福王を擁立したが,清軍に降伏して,これに仕えた。そのため,彼の死後,乾隆帝は2朝に仕えた不忠の臣として非難し,その著書をすべて禁止した。しかし,詩人としては呉偉業と並んで称せられ,また当時の詩壇の主流であった古文辞派を批判し,形式よりも内容を尊ぶべきだと主張した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんけんえき【銭謙益】

1582~1664) 中国、明末・清初の学者・詩人。字あざなは受之。号は牧斎。明の礼部尚書であったが、明の滅亡後、清に仕え、「列朝詩集」などの明詩の編集や「明史」の編纂へんさんに従った。のち二朝に仕えたことを批判された。詩文集「初学集」「有学集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭謙益
せんけんえき
(1582―1664)

中国、明(みん)末清(しん)初の学者、詩人。字(あざな)は受之(じゅし)、号は牧斎(ぼくさい)。江蘇(こうそ)省常熟(じょうじゅく)の出身。1610年(万暦38)の進士。官は礼部尚書に至り、正義派の政治結社、東林党の指導者として重きをなした。明の滅亡の直後、南京(ナンキン)に福王(ふくおう)を擁立したが、清軍が迫るとたちまち降伏し、清朝の礼部右侍郎に任ぜられた。このため乾隆(けんりゅう)帝は、名節尊重とその影響力の払拭(ふっしょく)をねらい、銭の著書をすべて禁書にしている。銭は明末清初の文壇の重鎮であり、深い学識を背景に重量感のある詩文を書き、清初の詩人としては呉偉業(ごいぎょう)と双璧(そうへき)と称された。明詩の選集に『列朝詩集』81巻がある。自身の詩文集には『初学集』110巻、『有学集』50巻がある。[佐藤一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の銭謙益の言及

【列朝詩集】より

…中国,清初の銭謙益の編纂した明詩の選集。1652年(順治9)序刊。…

※「銭謙益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銭謙益の関連キーワード津逮秘書佐藤一郎公安派譚元春中州集明詩綜朱鶴齢李流芳王士禎呉梅村顧嗣立龔鼎孳鍾惺馮班杜甫毛晋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android