コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴金喆 ぼくきんてつPak Kǔm‐ch‘ŏl

1件 の用語解説(朴金喆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくきんてつ【朴金喆 Pak Kǔm‐ch‘ŏl】

1911‐ 
朝鮮民主主義人民共和国の政治家。朴達らとともに1930年代後半に抗日武装闘争に呼応した甲山工作委員会を指導し,37年逮捕されて無期刑を受けた。48年の2回大会以降労働党の中央委員として軍事・外交等を担当。とくに50年代後半以降いわゆる甲山派(後期抗日武装闘争出身グループ)の中心人物として党務の枢要に参画したが67年に失脚し,以後消息不明。失脚は対南工作上の意見の差異によるともいわれる。【梶村 秀樹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

朴金喆の関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone