朴金喆(読み)ぼくきんてつ(英語表記)Pak Kǔm‐ch‘ŏl

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくきんてつ【朴金喆 Pak Kǔm‐ch‘ŏl】

1911‐ 
朝鮮民主主義人民共和国の政治家。朴達らとともに1930年代後半に抗日武装闘争に呼応した甲山工作委員会を指導し,37年逮捕されて無期刑を受けた。48年の2回大会以降労働党の中央委員として軍事・外交等を担当。とくに50年代後半以降いわゆる甲山派(後期抗日武装闘争出身グループ)の中心人物として党務の枢要に参画したが67年に失脚し,以後消息不明。失脚は対南工作上の意見の差異によるともいわれる。【梶村 秀樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android