朴金喆(読み)ぼくきんてつ(英語表記)Pak Kǔm‐ch‘ŏl

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくきんてつ【朴金喆 Pak Kǔm‐ch‘ŏl】

1911‐ 
朝鮮民主主義人民共和国の政治家。朴達らとともに1930年代後半に抗日武装闘争に呼応した甲山工作委員会を指導し,37年逮捕されて無期刑を受けた。48年の2回大会以降労働党の中央委員として軍事・外交等を担当。とくに50年代後半以降いわゆる甲山派(後期抗日武装闘争出身グループ)の中心人物として党務の枢要に参画したが67年に失脚し,以後消息不明。失脚は対南工作上の意見の差異によるともいわれる。【梶村 秀樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android