枢要(読み)すうよう

精選版 日本国語大辞典「枢要」の解説

すう‐よう ‥エウ【枢要】

〘名〙 (形動) (「」は戸のくるる、「要」は扇のかなめの意) 物事のもっとも大切なところ。もっとも大切であること。また、そのさま。中枢。要点。かなめ。
※続日本紀‐延暦九年(790)一〇月癸丑「臣等職参枢要黙爾
※信長記(1622)一下「誠に大将たる人は、親疎遠近のへだてなく、慈仁をもって先とすべき事枢要(スウヨウ)なり」 〔荀子‐富国〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「枢要」の解説

すう‐よう〔‐エウ〕【枢要】

[名・形動]物事の最も大切な所。最も重要であること。また、そのさま。「組織の枢要とする」「枢要な地位に就く」
[類語]中枢枢機枢軸機軸中核中心しゅじくかなめはしら中軸主軸主体主力基幹根幹大切重要大事だいじ肝要肝心緊要かなめきも肝心要有意義意義深い千金耳寄り掛け替えのない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「枢要」の解説

【枢要】すうよう(えう)

かなめ。枢務。〔晋書、羊伝〕、二し、任ぜられて樞(つかさど)り、事のは、皆訪せらるるも、勢利の求め、關與する無し。

字通「枢」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android