枢要(読み)すうよう

精選版 日本国語大辞典の解説

すう‐よう ‥エウ【枢要】

〘名〙 (形動) (「枢」は戸のくるる、「要」は扇のかなめの意) 物事のもっとも大切なところ。もっとも大切であること。また、そのさま。中枢。要点。かなめ。
※続日本紀‐延暦九年(790)一〇月癸丑「臣等職参枢要黙爾
※信長記(1622)一下「誠に大将たる人は、親疎遠近のへだてなく、慈仁をもって先とすべき事枢要(スウヨウ)なり」 〔荀子‐富国〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すう‐よう〔‐エウ〕【枢要】

[名・形動]物事の最も大切な所。最も重要であること。また、そのさま。「組織の枢要とする」「枢要な地位に就く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android