コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木貞綱 くつき さだつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木貞綱 くつき-さだつな

?-1485 室町時代の武将。
朽木貞高の子。近江(おうみ)(滋賀県)の豪族で,佐々木氏一族。室町幕府奉公衆の家柄。父の跡をついで高島郡朽木荘を領有し,足利義尚(よしひさ)供菜(ぐさい)料所をあずけられるなど,幕府に信任されたが,文明17年7月17日父に先だって死去した。通称は弥五郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朽木貞綱
くつきさだつな
(?―1485)

室町中期の武将。貞高(さだたか)の子。通称弥五郎、刑部少輔(ぎょうぶのしょうゆう)。朽木氏は室町幕府奉公衆(ほうこうしゅう)の家柄で、近江(おうみ)国高島郡朽木荘(しょう)(滋賀県高島市朽木)に居を定め、将軍の信頼が厚かった。貞綱は父の後を嗣(つ)ぎ朽木荘を領し、1468年(応仁2)幕府から足利義尚(あしかがよしひさ)供菜料所(ぐさいりょうしょ)近江国高島郡後一条・安主名(あんずみょう)を預けられるなど信任を得た。妻は甘露寺親長(かんろじちかなが)の娘で政所執事(まんどころしつじ)伊勢貞親(いせさだちか)の養女であるが、73年(文明5)嫡子貞清(さだきよ)を出産したその日に死亡、貞綱も文明(ぶんめい)17年7月17日、父に先だって没した。[加藤 哲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朽木貞綱の関連キーワード朽木貞高室町時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android