杉の葉(読み)すぎのは

  • すぎ
  • の 葉(は)

精選版 日本国語大辞典の解説

① 酒屋の看板としてつるしたの玉。酒林(さかばやし)。転じて、酒屋。
※雑俳・柳多留‐二七(1798)「杉の葉の中からせなアよろけ出る」
② (朝顔形の枠の中へ杉の葉がつめてあったところから) 男子の小便所。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)三「杉の葉へ酔たとみへて芸子たれ」
③ (汚物を隠すため、上に杉の葉が敷いてあったところから) 武家屋敷の便所。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)三「杉の葉へたれる娘は金に成り」
④ 蚊をいぶすために燃やす杉の木の葉。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「杉の葉をさっさとくべて叱られる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉の葉の関連情報