コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉原外之助 すぎはら そとのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉原外之助 すぎはら-そとのすけ

1806-1871 江戸時代後期の儒者。
文化3年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。藩儒の安部井帽山(ぼうざん)にまなぶ。天保(てんぽう)14年(1843)藩校日新館の学館預に任じられ,医学寮師範補助,本草科教授をつとめた。戊辰(ぼしん)戦争後,藩が陸奥斗南(となみ)(青森県)にうつると三戸(さんのへ)に学塾をおこした。明治4年2月14日死去。66歳。名は凱。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉原外之助の関連キーワード廃藩置県ナポリ王国ドイツ帝国ドイツ帝国新教育マーシャル高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone