三戸(読み)さんこ

精選版 日本国語大辞典「三戸」の解説

さん‐こ【三戸】

〘名〙
① 非常に少ない戸数。小国のたとえ。
※太平記(14C後)三七「さればは三戸(さんコ)の小国なれども、秦を亡さんずる人は、必ず楚王の子孫にあるべし」 〔史記‐項羽本紀〕
② (感覚をつかさどる三つの戸口の意) 目、耳、口のこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕

さんのへ【三戸】

[一] 青森県東南部の地名。南部藩発祥の地。奥州街道の金田一浅水の間にあった宿駅放牧でも知られた。米・リンゴ・葉タバコの産地。
[二] 青森県の東南部の。馬淵(まべち)川・五戸(ごのへ)川の流域にある。八戸市はもと、この郡に含まれていた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三戸」の解説

さん‐こ【三戸】

非常に少ない戸数。小国のたとえ。
「楚は―の小国なれども」〈太平記・三七〉
感覚をつかさどる三つの戸口、すなわち目・耳・口のこと。
「―ヲヒソムル」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android