コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三戸 サンコ

デジタル大辞泉の解説

さん‐こ【三戸】

非常に少ない戸数。小国のたとえ。
「楚は―の小国なれども」〈太平記・三七〉
感覚をつかさどる三つの戸口、すなわち目・耳・口のこと。
「―ヲヒソムル」〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんこ【三戸】

わずかな戸数。小国のたとえ。 「楚は-の小国なれども/太平記 37
目・耳・口の三つの感覚器官。また、心。 「 -ヲ静メサセテ鷲ノ子細ヲ述ベタ/天草本伊曽保」

さんのへ【三戸】

青森県南東部、三戸郡の町。南部藩発祥の地で、藩政時代は旧奥州街道の宿場町として繁栄。現在はリンゴの産地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三戸の関連キーワード愛媛県上浮穴郡久万高原町上黒岩青森県三戸郡三戸町二日町青森県三戸郡三戸町梅内北海道伊達市梅本町青森県三戸郡三戸町三戸町の要覧福地ホワイト青森県三戸郡田子[町]五戸[町]三戸[町]南部[町]名川[町]梶川重太郎倉石[村]松尾 馬奮蕎麦かっけ三戸遺跡名久井岳松尾馬奮

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三戸の関連情報