コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉呑獅 すぎ どんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉呑獅 すぎ-どんし

?-1790* 江戸時代中期の俳人。
京都島原の妓楼(ぎろう)の主人。炭太祇(たん-たいぎ)の門人で後援者。太祇を島原の不夜庵にまねいてすまわせた。明和9年三宅嘯山(しょうざん)らと「太祇句選」をあむ。また斜天と共著で遊里案内記「一目千軒」を刊行。寛政元年12月26日死去。通称は桔梗屋(ききょうや)治助(介)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉呑獅の関連キーワード呑獅俳人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android