コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李商在 りしょうざいLi Sang-jae

1件 の用語解説(李商在の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李商在
りしょうざい
Li Sang-jae

[生]哲宗1(1850).韓山
[没]1927
朝鮮の宗教家,政治家。字は季皓,号は月南。開国後,朝鮮政府の要職を歴任し,建陽1 (1896) 年徐載弼とともに独立協会を結成した。その後朝鮮日報社長,新幹会会長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の李商在の言及

【新幹会】より

…団結を強固にする。機会主義をいっさい否認する〉という綱領が採択され,会長に《朝鮮日報》社長の李商在が選ばれた。当初会員は200人あまりだったが,民衆の支持を得て同年中に会員数2万,支会数100を超え,最盛時には4万,140支会に発展した。…

【朝鮮日報】より

…三・一独立運動の翌1920年3月に創刊。当初朝鮮人実業家による実業新聞の性格を帯びていたが,24年社長に李商在,主筆に安在鴻が就任して以来左派民族主義の立場に立ち,新幹会の機関紙的役割も果たした。30年代には方応謨が一般紙として経営の拡張に努め,雑誌《朝光》も発行したが,40年8月総督府の圧力で廃刊。…

※「李商在」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

李商在の関連キーワードグローバルアドレステーラー健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガナビスナビス貞光

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone