コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李寧 りねい (R)I Yŏng

1件 の用語解説(李寧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りねい【李寧 (R)I Yŏng】

朝鮮,高麗時代の代表的画家。生没年不詳。全州の人。仁宗~毅宗朝(1123‐70)のころに活躍した。《高麗史》によれば,1124年使臣に随行して入宋した折,徽宗の命により翰林待詔の王可訓,陳徳之,田宗仁,趙守宗らに画を教えた。また徽宗の命で,高麗の《礼成江図》を描いて進上したところ,徽宗は〈近ごろ来朝する高麗画工は多いが,李寧のみが妙手である〉と賞し,酒,錦綺,綾絹等を授与した。【吉田 宏志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李寧の関連キーワード王建章馬遠尉遅乙僧荊浩高麗青磁フーケ李迪『荘子』

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李寧の関連情報