妙手(読み)ミョウシュ

デジタル大辞泉の解説

みょう‐しゅ〔メウ‐〕【妙手】

たくみな技量。すぐれた腕前。また、その持ち主。「琴の妙手
将棋で、他人には予想もできないうまい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうしゅ【妙手】

非常にすぐれた手段。特に、すぐれた囲碁・将棋の手。 「 -を打つ」
芸術・武芸などで、すぐれた技量の持ち主。名手。 「ピアノの-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐しゅ メウ‥【妙手】

〘名〙
① すぐれたうでまえ。巧みな技量技。また、その持ち主。上手。
※蔭凉軒日録‐寛正二年(1461)一二月八日「又善阿彌有不予之事。即平愈。於予請薬。命法眼薬与之。頓愈有彼泉石妙手之事也」 〔蔡洪‐囲棋賦〕
② 碁、将棋など勝負事で、ちょっと気のつかない非常に妙味のある手。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「『やっぱり銀にしておけば能いのに』『ヘヘン、妙手(メウシュ)を指すてナ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙手の関連情報