妙手(読み)みょうしゅ

精選版 日本国語大辞典「妙手」の解説

みょう‐しゅ メウ‥【妙手】

〘名〙
① すぐれたうでまえ。巧みな技量妙技。また、その持ち主。上手。
※蔭凉軒日録‐寛正二年(1461)一二月八日「又善阿彌有不予之事。即平愈。於予請薬。命法眼薬与之。頓愈有彼泉石手之事也」 〔蔡洪‐囲棋賦〕
、将棋など勝負事で、ちょっと気のつかない非常に妙味のある手。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「『やっぱり銀にしておけば能いのに』『ヘヘン、妙手(メウシュ)を指すてナ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「妙手」の解説

みょう‐しゅ〔メウ‐〕【妙手】

たくみな量。すぐれた腕前。また、その持ち主。「琴の妙手
碁・将棋で、他人には予想もできないうまい手。
[類語]腕前手並み手腕手の内手際凄腕技術名人達人名手エキスパート巨星巨匠名匠名工大家たいか権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティー巧手腕利き腕扱き腕達者手足れ手利き有能敏腕辣腕得手特技専売特許上手得意売り物十八番おはこお家芸お株お手の物達者堪能巧者得手物器用多才うまたく巧妙潰しが利くくする腕が立つ怪腕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android