コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高麗史 こうらいし Koryǒsa

5件 の用語解説(高麗史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高麗史
こうらいし
Koryǒsa

朝鮮,高麗朝の史書。朝鮮王朝 (李朝) の世宗の命により鄭麟趾らが撰し,文宗1 (1451) 年完成。紀伝体で書かれ,世系,凡例,修史官の氏名 33名を記したのち,本文は世家 46巻,志 39巻,年表2巻,列伝 50巻,目録2巻で総計 139巻から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうらい‐し〔カウライ‐〕【高麗史】

史書。139巻。高麗朝の歴史を紀伝体で記したもので、李朝世宗の勅命により鄭麟趾(ていりんし)らが撰。1451年成立。世家(本紀)46巻・志39巻・列伝50巻・年表2巻・目録2巻から成る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうらいし【高麗史】

朝鮮,高麗王朝に関する歴史書。鄭麟趾らが1451年撰進。139巻。体裁は紀伝体で,目録・世家・年表・志・列伝から成る。〈世家〉は歴代王の事績を記すが,これを本紀ではなく世家としたのは,編纂時の宗主国明への遠慮による。〈志〉は12部門に分けて,高麗の諸制度を説明しており,〈列伝〉は后妃・王族以下多様な人々の伝記を収めている。高麗時代は外圧・内乱等の混乱による記録の亡失が多く,加えて,編纂者の錯誤もあって,ときに簡略・杜撰などの面がみられるが,最も基本的・体系的高麗王朝史として重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうらいし【高麗史】

高麗朝の歴史を記した紀伝体の書。一三九巻。1451年完成。李朝の金宗瑞きんそうずい・鄭麟趾ていりんしらの撰。世家・志・表・列伝・目録に分かれる。別に編年体の史書「高麗史節要」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高麗史
こうらいし

1451年、金宗瑞(きんそうずい)、鄭麟趾(ていりんし)らによって撰進(せんしん)された朝鮮、高麗一代に関する紀伝体史書。世家46巻、志39巻、年表2巻、別伝50巻、目録2巻、計139巻。1452年になった『高麗史節要』と並んで、高麗時代を研究するうえでの根本史料である。李朝(りちょう)における前朝高麗朝史の編集は、李朝の初年から着手され、たびたび改修が繰り返された。高麗滅亡(1392)ののち、60年を経てそれがようやく終了したのは、高麗末期の史実をどう解釈するかという問題に決着がついたからであろう。刊本に『高麗史』3冊(1977・国書刊行会)がある。[浜中 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高麗史の関連キーワード高麗高麗神社三国史記鄭麟趾竜飛御天歌魏志高麗版高麗焼史書古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone