コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李弼済 りひつさい(R)I P’il‐che

世界大百科事典 第2版の解説

りひつさい【李弼済 (R)I P’il‐che】

1825‐71
朝鮮,李朝末期の農民反乱の指導者。忠清道出身の没落両班(ヤンバン)で,1863年に教祖崔済愚の教えをうけて東学に入信し,崔が刑死したあと忠清道鎮川や慶尚道晋州などで反乱を企てて官憲の追及をうけた。71年3月,教祖の冤罪を晴らすという名目で農民ら数百人を糾合,慶尚道寧海府の役所を襲撃し,軍器を奪って悪徳官吏を処断した。官軍のために撃退されると忠清道聞慶にのがれ,8月にはより大規模な蜂起を敢行したが,捕捉され訊問をうけたあと,同年末にソウルで処刑された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

李弼済の関連キーワード産業革命史(年表)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]アレクサンドルサン=シモン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android