李恒老(読み)りこうろう(英語表記)(R)I Hang‐no

世界大百科事典 第2版の解説

りこうろう【李恒老 (R)I Hang‐no】

1792‐1868
朝鮮,李朝末期の朱子学者。字は而述,号は華西。京畿道楊根郡の生れ。朱熹(子)と宋時烈に傾倒し,強烈な華夷思想を形成した。明(中華)の滅亡後は,朝鮮が唯一の小中華であるとする立場から,天主教(カトリック)の浸透や欧米の開国要求に対して衛正斥邪(えいせいせきじや)論をとなえ,攘夷論を主張した。彼の主戦論は大院君政権の鎖国攘夷政策をイデオロギー面から支える役割を果たしたため,同副承旨,工曹参判,同義禁などに任じられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android