コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李恒老 りこうろう (R)I Hang‐no

1件 の用語解説(李恒老の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りこうろう【李恒老 (R)I Hang‐no】

1792‐1868
朝鮮,李朝末期の朱子学者。字は而述,号は華西。京畿道楊根郡の生れ。朱熹(子)と宋時烈に傾倒し,強烈な華夷思想を形成した。明(中華)の滅亡後は,朝鮮が唯一の小中華であるとする立場から,天主教(カトリック)の浸透や欧米の開国要求に対して衛正斥邪(えいせいせきじや)論をとなえ,攘夷論を主張した。彼の主戦論は大院君政権の鎖国攘夷政策をイデオロギー面から支える役割を果たしたため,同副承旨,工曹参判,同義禁などに任じられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李恒老の関連キーワード李滉一進会韓国寛政異学の禁事大党朱子学李朝実録官学朱子学派開化派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone