コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天主教 てんしゅきょう

5件 の用語解説(天主教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天主教
てんしゅきょう

中国,朝鮮におけるキリスト教カトリックの呼称。天主ラテン語デウスの音訳で,神を意味する。なお日本のカトリック教会もかつて天主公教会と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんしゅ‐きょう〔‐ケウ〕【天主教】

中国・朝鮮で、ローマカトリックの通称。日本でも明治・大正期までこの名称が用いられた。→ローマカトリック教会

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天主教【てんしゅきょう】

中国におけるローマ・カトリック教会の呼名。日本のカトリック教会でも明治・大正期にこの語を用いたが,その後あまり用いなくなり,1959年デウスの訳語である〈天主〉の語も〈神〉に改めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんしゅきょう【天主教 Tiān zhǔ jiào】

中国におけるイエズス会を中心とした旧教(ローマ・カトリック)の総称。神の訳語として〈天主〉を用いて,天主教天主公教と称した。中国に渡来したキリスト教としては,唐代の景教,元代の也里可温教などがあるが,組織的に伝道活動を展開し,中国の宗教界,学術界に大きな影響を与えたのは,イエズス会のマテオリッチ(中国名は利瑪竇(りまとう))が1582年(万暦10)に来た明代末期以後のことである。 リッチは,鎖国体制をしき中華意識の強い中国で多大の困難にあいながらも中国の言語,習慣,儒教の学問などを学習して,中国知識人の信頼をかちえ,さらに西欧ルネサンス自然科学の知識を活用して,尊敬をかちえていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんしゅきょう【天主教】

中国・朝鮮・日本でのローマ-カトリック教の呼称。日本では現在用いられていない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天主教の関連情報